【初級者向け】海外Amazon 開始時に読むべき記事7選

 

 

『これから海外Amazonを使って販路を拡大(海外進出)しよう!』

『でも、何から手を付けたらいいか分からない・・・』

と考えている方向けに、海外Amazonを始めるために必要な手順をまとめました。

海外進出への第一歩として、是非参考にしてみて下さい!!

 

 

考え方~越境EC市場~

 

 

以下の記事では、越境ECを行う上で重要な考え方、

 

『なぜAmazonなのか?』

『なぜ米国市場が越境ECに適しているか?』

 

などに関して、10年近く最前線の現場で戦ってきたからこそ見える視点を絡めて説明をしています。

 

海外進出をお考えの方はこちらの記事からご覧ください!

 

越境EC成功のための一番大切な話 – マーケット選定編 –

 

 

 

海外Amazonアカウント登録

 

米国市場や海外Amazonが、なぜ越境ECに適しているのかに関して理解が深まったら、次に行うのが、海外Amazonのアカウント登録です。

 

 

当然ですが、海外Amazonを使って米国で販売を行うためには海外Amazonのセラーアカウント登録が必須です。

 

『でも、英語が苦手だから…』と思われた方、安心してください。

以下記事を参考にすれば英語が苦手な方でも簡単にアカウント登録が行えます!

 

アカウント開設には一切の費用がかからないので、すぐに販売を開始できない方も、取りあえずアカウントの準備だけしておいてはいかがでしょうか。

 

 

【2018年度 最新版】海外Amazon アカウント開設方法

 

 

 

海外銀行口座レンタルサービス

 

 

海外Amaozonで上がった売り上げは、日本国内の銀行口座では受け取ることができません。

 

なので、売上を受け取る為には、振込先として、現地の銀行口座を指定する必要があります。

 

 

その為、海外Amazonセラーアカウント登録を行うに当って、海外銀行口座を持つ必要があるのですが、海外銀行口座は現地に住所がないと作成が困難であると同時に、手数料や維持費等の費用もかかってしまいます。

 

 

そこで多くのセラーの方は、海外銀行口座レンタルサービスで代用しています。

 

 

以下記事では、代表的な海外銀行口座レンタルサービス3社Payoneer』,『Hyperwallet』,『Worldfistに関してまとめてあるので、是非ご覧ください!

 

 

【2018年 最新版】Amazon輸出 海外銀行口座 〜徹底比較〜

 

 

 

販売方法の決定

 

 

海外Amazonアカウント登録、海外銀行口座レンタルサービスの登録が完了したら、次は販売方法の決定を行います!

 

 

Amazonには様々な販売方法があるのですが、大きく分けると下記の2種類となります。

 

・Amazon倉庫に送って「出荷~カスタマーサポート」までをアウトソーシングでやってもらうFBA(Fulfillment By Amazon)

 

・売れた商品を日本から販売先国に発送するFBM(Fulfillment By Merchant)

 

 

 

どの販売方法が良いかはご自身の販売スタイルに依るので、以下記事を参考にして、自分に合った販売方法を見つけてください!

 

【2018年度 最新版】Amazon輸出 FBA販売 〜メリットや使い方まとめ〜

 

【2018年度 最新版】Amazon輸出 受発注販売(無在庫販売)〜メリット・デメリット〜

 

 

 

商品登録

 

 

Amazonで商品を販売するには、販売する商品の登録を行う必要があります。

 

商品登録には下記2種類の方法があります。

 

 

新規商品登録(メーカー/OEM販売を行う方)

 

既存商品の登録

 

 

 

商品登録に関する詳細はこちらにまとめてあるので、よろしければご覧ください!

 

 

【Amazon輸出】新規カタログ作成方法①(新規商品登録方法)

 

【Amazon輸出】 FBA 出品登録方法 

 

 

 

まとめ

 

 

上記で説明したのは海外Amazonを始める第一歩として、まず頭に入れておいて欲しいことです。

 

 

初級編の記事がしっかりと理解できたら、次は

 

 

アマゾン売上利益UPに必要な見逃しがちチェックポイント3選

 

 

を参考にして、次のステップへと進みましょう!

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す