【Amazon輸出】利益3倍?! ホリデーシーズン抑えるべき3つのポイント

 

 

Amazonセラーの方なら皆さんお楽しみ、ビッグイベント、ホリデーシーズンが今年もやってきました!!

 

 

ホリデーシーズンをうまく活用すれば、人によっては売り上げを2〜3倍上げる事も可能です!!

 

 

そこで今回は、ホリデーシーズン参加条件や、攻略ポイントなどに関してご紹介したいと思います!

 

 

 

※セラーセントラルの表記は全て英語表記になっていますが、下記の画像赤枠で囲った部分から日本語対応も可能です。

 

 

 

 

 

ホリデーシーズンとは

 

ホリデーシーズンとは、アメリカにおけるハロウィン終了後から年末年始にかけての時期の事を指し、主なものとして、サンクスギビング、ブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスなどがあります。

 

 

この時期アメリカでは、クリスマスプレゼントに向けた買い物セールが始まるので、多くの場合、1年の中で売り上げが最も高くなります。

 

 

 

ホリデーシーズン攻略ポイント3選

 

ホリデーシーズン攻略ポイントとして意識する点は主に3つあります。

 

 

以下で説明する3つの点に関してしっかりと意識する事で、ライバルセラーと差をつけましょう!

 

 

 

在庫数

 

ホリデーシーズン前から取り扱っている商品で、月当たりの販売数データが分かっている物であれば、最低でも通常月の2倍程度の在庫数を保有する事をオススメします。

 

 

理由としては、ホリデーシーズンではすぐに商品が売り切れてしまい、販売したくてもできないという機会損失を防ぐためです。

 

 

ホリデーシーズンは年に1度のチャンスなので、在庫数はしっかりと意識して十分な量を保有する事を心がけましょう!

 

 

 

出荷リードタイム

 

2つ目の意識する点は出荷のリードタイムです。

 

ここは在庫数と大きく相関関係があるポイントになります。

 

まずFBA販売に関して、ホリデーシーズンには、世界中のセラーからAmazon FBA倉庫に大量の商品が納品されるので、物流や倉庫のオペレーション等の問題から納品が遅れるリスクが発生します。

 

そこで、確実にホリデーシーズンに販売を間に合わせるために、この時期は、FBA倉庫への納品期日の事前告知がAmazon側から行われます。

 

 

去年2017の事前告知を見てみますと、確実にブラックフライデーとサイバーマンデーまでに商品を出品状態にするためには、11月7日までに商品をFBA倉庫に納品しなければいけませんでした。

 

 

また、推奨までにですがクリスマスに間に合わせる為には、12月1日までに届ける必要がありますのでご注意ください。

 

 

次に自社配送の方は、Amazon SEO的に大切なポイントである「在庫数を増やす」「発送リードタイムを短くする」事でカート取得率に影響が及びます。

 

 

特に「発送リードタイムを短くする」=お客様への到着を速くすることが大きなインパクトになります。

 

 

在庫を持つことで出荷までのスピードを上げることによって、売上利益にダイレクトに影響しますので大切なポイントです。

 

 

 

ハンドリングタイム(自社配送向け)

 

自社配送の最後に注意すべき点は、ハンドリングタイムに関してです。もしFBAセラーの方も、この時期だけは自社配送に参加するのもアリではないかと思います。

 

 

自社配送の方で最も利益が取れる時期が12月5日~25日です。

 

 

過去10年近く海外Amazonをやってきている中で、これは普遍的な事象で、理由はFBA在庫が減少し、納品もかなり滞るためにFBA追加が起きにくいからです。

 

 

もっとも、配送には十分な注意が必要で、SAL(Pmail)はもちろんAIR(Dmail)もNGの時期です。

 

 

A-Zが厳しくなってきている2018年ですので、EMSかDHLで最短での到着を目指しましょう!

 

 

また利益を伸ばすためにはハンドリングタイムのコントロールや、配送コストを高くするなどの調整も忘れずに行ってくださいね!←ここはかなり重要です!

 

 

ホリデーシーズン以外であれば、到着日が1~2日程度前後するのはさほど問題になりませんが、クリスマスともなれば、商品が25日に着くか、26日に着くかで意味合いが全く異なります

 

 

それを考慮に入れると、この時期に商品到着日の設定が26日以降のセラーのカート獲得率は低くなり、結果として売上が低くなることは想像に難くないのではないでしょうか。

 

 

ハンドリングタイムに関してはこちらをご覧下さい!

 

 

 Amazon輸出 ハンドリングタイム(9/24~9/30日 アップロード度予定)

 

 

 

ホリデーシーズン 「Toy&Games」カテゴリー販売条件

 

「Toy&Games」カテゴリーですが、ホリデーシーズン時、特に売上が上がります。

 

 

しかし、この時期全てのセラーが「Toy&Games」カテゴリーを販売できるのではなく、 Amazon側が定めた条件を満たしたセラーのみ販売できます。

 

 

その条件が書かれたAmazonからのメール(2017年版)があるので掲載しておきますね。

 

 

このメールは2017-2018にかけてのホリデーシーズンに関するものなので日付また、内容に関して変更される可能性は十分にあります。2018年の情報に関しては以下リンクをご覧下さい!

 

 

【2018 最新版】ホリデーシーズン参加権 Amazonからのメール原文

 

 

要点だけかいつまんで翻訳すると以下のようになります。

 

 

 

『以下にあげる条件を満たしたセラーのみ、2017/11/17~2018/1/5の期間に「Toy&Games」カテゴリーの販売を許可する。

 

ただし、アカウントが健全なFBAセラーに関しては、その条件の影響を受けずに販売する事ができる。』

 

 

 

 

その肝心の条件ですが、以下に列挙した通りです。

 

 

※以下の条件は去年のものなので、内容に関しては最新の内容に関してはこちらをご覧ください!

 

 

【2018 最新版】ホリデーシーズン参加権 Amazonからのメール原文

 

 

・「Toy&Games」カテゴリーに関わらず、Amazon上での初めての販売が2017/9/15までに行われている必要がある。

 

・「Toy&Games」カテゴリーに関わらず、2017/9/1/~2017/10/31の期間内に少なくとも、25回以上の注文を処理する必要がある。

 

・2017/10/1~2017/10/31の期間中の出荷前キャンセル率(Pre-fulfillment cancel rate)<1.75%未満でなければならない。

 

・2017/10/1~2017/10/31の期間中、出荷遅延率(Late shipment rate)<4%未満でなければならない。

 

注文不良率(Order defect rate)<1%未満でなければならない。

 

 

上記から、ホリデーシーズンに参加するためにはアカウントヘルスを良い状態で維持する必要がありますね。

 

 

アカウントヘルスに関してはこちらの記事をご覧下さい!

 

 

Amazon輸出 Account Healthで顧客満足度を数値化

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す