【関税率チェックツール】ワールドタリフ(WorldTariff)とは

 

越境ECを行なっている方の多くが、関税率が分からずに苦戦した経験が、一度はあるのではないでしょうか?

 

 

そんな方に朗報です!

 

 

ワールドタリフ(WorldTariff)というツールを使えば、関税率を誰でも簡単に調べる事ができます。

 

 

そこで今回は、ワールドタリフ(WorldTariff)を使って関税率を調べる方法を、HSコードが分かっている場合と、分かっていない場合の2つのケースに分けて確認したいと思います。

 

 

 

『そもそもHSコードって何??』という方は、こちらからご覧いただく事をおすすめします。

 

 

損してるかも? 変わる関税率とHSコード

 

 

ワールドタリフ(WorldTariff)登録方法

 

ワードタリフ(WorldTariff)はFedExが提供しているサービスですが、ジェトロを介して登録する事で、無料で使用する事ができます。(※FedExから登録すると有料となります)

 

 

ワードタリフ(WorldTariff)登録ページ

 

 

上記リンクから、会員登録ページに移るので必要事項を記入していきます。

 

 

 

 

登録が完了すると、登録メールアドレスに2通のメールが届きます。

 

 

それぞれにユーザーIDパスワードが記載されているので、それらを使ってワードタリフ(WorldTariff)にログインしましょう。

 

 

 

ワールドタリフ(WorldTariff)使用方法

 

ワードタリフ(WorldTariff)で関税率を調べる方法は3通りあるので、以下でご紹介したいと思います。

 

 

 

HSコードが分かっている場合

 

HSコードが分かっているケースからご紹介していきます。

 

 

まず、画像赤枠で囲った『仕向け国/輸出先』を選択します。

 

 

次に、画像緑枠で囲った『番号』の部分に、『.(コロン)』を除いた6桁の数字(HSコード)を入力します。

 

 

(※他の記入欄は空白のままでも大丈夫です。)

 

 

 

 

 

HSコードが分からない場合

 

HSコードが分からない場合は、テキスト検索を使用して、品目を直接入力して検索します。

 

 

 

テキスト検索は英語のみの対応となっていますが、英語が苦手な方も、テキスト検索を活用した、HSコード検索方法を以下記事にまとめたので、よろしければご覧ください!

 

 

英語不要?! ワールドタリフ(WorldTariff)活用 〜応用編〜

 

 

 

 

 

複数同時に検索する場合

 

ここでは一度に複数の国の関税率を調べる事が可能です。

 

 

基本的には先ほど説明したものと同じで、『仕向け国/輸出先』を選択して、『テキスト』または『番号』に必要事項を記入して検索します。

 

 

 

 

(※Macユーザーの方は、『command』を押しながら選択する事で複数同時選択が可能です。)

 

 

 

まとめ

 

【関税率チェックツール】ワールドタリフ(WorldTariff)に関しては以上となります。

 

関税率は、その時々の税関の状況によって変動するので、その点に注意しましょう。

 

 

HSコードが分からない場合に使用する、ワールドタリフ(WorldTariff)の『テキスト検索』機能の使用方法に関してはこちらをご覧ください!

 

英語不要?! ワールドタリフ(WorldTariff)活用 〜応用編〜

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す