【関税率チェックツール】ワールドタリフ(WorldTariff) 活用編

 

 

HSコード検索ツール、ワールドタリフ(Worldtariff)の『テキスト検索』機能活用法をご紹介します。

 

 

テキスト検索機能を活用することで、関税率の低いHSコードを発見することも可能です!!

 

 

テキスト検索機能は、英語のみの対応となっておりますが、本記事は英語が苦手な方にも理解しやすいようにまとめたので、是非ご覧下さい!

 

 

 

HSコードと関税率の関係は、こちらをご覧ください!

 

 

変わる関税率とHSコードの関係とは

 

 

 

英語が苦手な方向け 〜テキスト検索機能活用方法〜

 

以下では、英語が苦手な方でもWorldTariffをしっかりと活用できる方法をご紹介しています。

 

 

 

① Amazonのカテゴリー小分類・中分類を活用する

 

多くのECサイトではカテゴリー毎の商品検索が可能です。

 

 

以下記事では、Amazonを用いたカテゴリー検索の活用例を紹介しています。

 

 

【HSコード検索】 Amazonカテゴリー活用方法

 

 

 

② Webタリフ(by日本関税協会)の日英機能を活用する

 

Webタリフでは日本語検索が可能です。

 

 

言語を英語に切り替えることが可能です。

 

 

ワールドタリフで検索する前に、Webタリフで検索をすると、英語が苦手な方でもワールドタリフを活用する事ができます!

 

 

Webタリフを活用した具体的なHSコード検索方法はこちらをご覧下さい!

 

【HSコード検索】 Webタリフ活用方法

 

 

 

関税率の低いHSコード 検索方法

 

HSコードは素材によって複数存在します。

 

 

よって、適切なHSコードを見つけることで関税率を低くできる可能性も十分にあります

 

 

 

※意図的に関税を低く申告(アンダーバリュー)する事は法律で禁止されています。

 

 

アンダーバリューに関してはこちらをご覧下さい。

 

アンダーバリューで消費税還付が取り消し!?最新の裁判事例を解説します!

 

 

 

① 用途・素材の観点からできるだけ多くの検索をかける

 

HSコード各類にはルールがあります。

 

 

複数のコードを見つけられたとしても、注釈等コードのルールを確認すると、厳密には非該当である場合があり、現地で書き換えられる可能性があります

 

 

 

② 6桁、9桁とコードを絞ると税率が高くなる場合は、コードの桁数を減らし、現地の判断にゆだねる

 

6桁、9桁とコードを絞ると税率が高くなる場合は、コードの桁数を減らし、現地の判断にゆだねる方法があります。

 

 

こうする事で、税率の低いコードで申告されるケースがあります。

 

 

 

まとめ

 

【HSコード検索ツール】 ワールドタリフ(WorldTariff) 〜活用編〜は以上となります。

 

 

関税は利益率に直結するので、本記事や前回記事『越境EC必須のツール ワールドタリフ(WorldTariff)とは?!』を参考にして、正確かつ、可能な限り関税の低いHSコードを発見できるようにしましょう!

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す