Amazon輸出 売れてる商品の見つけ方(初心者の方向け)

 

 

Amazon輸出をする上で最も重要な要素と言っても過言ではないのが商品リサーチではないでしょうか?

過去600社以上の海外Amazon販売のサポートをさせていただいた中で最も多くの質問を頂いた箇所かもしれません。

 

商品リサーチを誤った方法でやっているとどれだけ頑張っても売り上げは思ったように伸びません。いくらいい靴だったとしても、靴を履く文化のない人達にその靴が売れないのと同じで、自分が対象としているマーケット像を明確にしないと間違った商品を仕入れてしまいかねません。

そこで今回は Amazon輸出におけるリサーチ方法についてまとめて見ましたので宜しければ是非参考にしてみてください!

 

※本記事は Amazon輸出 初心者向けの商品リサーチ記事ですので基本的なリサーチ方法について既にご存知の方は別記事に中級者向けのリサーチ記事を書いたのでそちらをご覧下さい。

url( Amazon輸出 自社商品販売の参考商品の見つけ方)

 

※セラーセントラルの表記は全て英語表記になっていますが、日本語対応も可能です。

下記の画像赤枠で囲った部分から変更は可能です!

 

 

商品リサーチ手段

商品リサーチには大きく分けて2パターンあり、それは手動でやるパターンとツール等を使って自動で行うパターンです。

手動も自動も一長一短あるのでそれぞれの特徴を抑えてうまく使い分けましょう!

 

 

手動リサーチ

手動リサーチに関してですが、手動リサーチでは主に検索欄を使用します。

まずは Amazon.comを開いて検索窓にキーワードを入力してみましょう。

読者の皆さんは Amazon輸出されている、または、しようと考えている方が大半だと思うので、日本に関連する商品を探す為にも検索欄にJapaneseと入力してみると画像左上の赤ワクで囲った部分から90万商品がヒットした事が分かると思います。

 

もっと検索の幅を広げる為に次はサジェストキーワードを使ってみましょう。

先ほどのJapaneseの後にスペースを入れるとサジェスト語句が表示された事が分かるかと思います。

 

サジェストキーワードはそのまま使用するだけでも有用ですが、今回のケースで言えば購入者が日本の商品を調べる際に(今回はJapaneseに続くサジェストキーワードのため)どのようなキーワードが一緒に使われているかという情報も与えてくれる点でも役に立ちます!

 

もちろんJapaneseだけでなく、Japan Importや自社商品のカテゴリー名などを検索し、売れ筋、価格、スペック等を確認することが王道のリサーチとなります。

 

商品ページを画面下にスクロールしていくとCustomers who bought this item also bought(この商品を買った人はこんな商品も買っています)も非常に参考になりますので、こちらもリサーチの参考にしてみてください。

 

 

 

また検索した際に上位に表示される検索結果は、一定期間内でよく売れている商品であり、この情報からリサーチの幅を広げていく事も可能で、詳細に関しては別記事に書いたので宜しければ是非ご覧下さい!

Amazon輸出 検索結果から売れ筋商品を見つける方法

 

自動リサーチ

次はツールを利用した自動リサーチについてですが、ツールには買い切り型と月額課金の2種類があります。

ツールを使う事で手作業でやるよりも何倍もの効率で商品リサーチを行う事が可能になる場合があるので、効率化できる事に関しては積極的にツールを利用していきましょう!

Amazon輸出おすすめツールは別記事に記載してあるのでよろしければそちらをご覧下さい!

Amazon輸出おすすめツール Zon ASIN Hunter

 

手動リサーチと自動リサーチどちらがいいの?

最後に手動or自動という事なんですが、筆者の意見としてはどちらか一方ではなくどちらも必要、特に初心者の方は泥臭く手動でリサーチを行いましょう。ツールを使ったリサーチは確かに便利ですが、手動でやる事で初めて分かることや新しい発見があるので、 特にAmazon輸出初心者の方には手動でのリサーチを強くオススメします。その上で効率化を図る為にツールを使うといった形が理想になります。

 

まとめ

前述した通り、Amazon輸出はリサーチによって大きく売り上げが変わります。だからこそリサーチの精度を高める事が重要になってくるので、手動と自動の両方を駆使して売上大幅にを向上させましょう!

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す