AmazonFBA 〜納品不備に対するサービスや費用まとめ〜

 

前回記事『AmazonFBA 〜納品不備で余分な経費発生〜』に引き続き、Amazon FBAの納品不備に関する記事になります。

 

 

本記事では、納品不備によって発生するリスクや費用に関して確認していきます。

 

 

前回記事をまだお読みでない方はこちらの記事からご覧いただく事をおすすめします。

 

 

Amazon FBA 〜納品不備で余分な経費発生〜

 

 

 

納品不備によって発生するリスク

 

梱包やラベルの貼付が適切に行われていない商品が、Amazon FBA倉庫に納品された場合、Amazonは受領処置を保留にし、セラー宛に納品不備の連絡を行います。

 

 

納品不備を解消するための作業は、Amazonに依頼する事ができますが、当然そうすると、別途手数料が発生します。

 

 

そのため、納品不備に関して正確な知識がないと、知らぬ間に赤字を出している状態になりかねません。

 

 

また、Amazon FBAに納品するための適切な梱包がなされていないと、アカウントヘルスの悪化に繋がりかねません。

 

 

 

海外発送用の資材や梱包に関してはこちらをご覧ください!!

 

 

返送が半分以下に?! 海外Amazon FBA倉庫配送時の外箱ラベル貼り方

完全無欠 海外発送 “推奨” ダンボール事情

 

 

 

アカウントヘルスに関してはこちらをご覧ください!!

 

 

Amazon輸出 Account Healthで顧客満足度を数値化

 

 

 

以下では、納品不備対応サービスにかかる費用をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

納品不備対応サービスにかかる費用

 

納品不備があった商品に対して行われるサービスと、そのサービスにかかる費用を以下表にまとめてみました。

 

 

 

 

※初回納品時に納品不備があった場合:『初回納品時に問題のあった際の請求』に記載されている手数料が請求されます。

※2回目以降納品時に納品不備があった場合:『2回目以降に問題のあった際の請求』に記載されている手数料が請求されます。

 

 

 

納品不備確認方法  3パターン

 

納品不備確認方法は、以下3パターンございます。

 

 

① (セラーセントラル)ー 在庫 ー FBA納品手続き ー 該当のFBAシップメントをクリック ー 納品内容の確認

 

② (セラーセントラル)ー 在庫 ー FBA納品手続き ー 納品不備一覧

 

③ Amazonからのメールを確認 タイトル:「Action Required – Inbound Performance Alert*****

 

 

 

まとめ

 

Amazon FBA 〜納品不備に対するサービスや費用まとめ〜に関しては以上となります。

 

 

また、Amazon FBAに関するその他の記事はこちらをご覧ください!!

 

ライバルと差をつける!! Amazon FBA完全網羅!!

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す