完全無欠 海外発送 “推奨” ダンボール事情

皆さんは海外発送時のダンボールは何をお使いでしょうか?

海外発送を行う際は、海外配送に適したダンボールを使用しないと、商品がダメージを受けたり貨物が止まってしまう事で販売の機会を失ってしまいます

そうならないために、本記事では、海外配送推奨ダンボールと、NGなダンボールに関してご紹介していきたいと思います。

 

また別記事に納品不備の際に発生する手数料などに関して記載してあるので、よろしければそちらもご覧下さい!

Amazon輸出 ご存知ですか? FBA納品不備で余分な経費発生

 

 

海外配送推奨 段ボール規格

海外配送の際に利用する梱包資材は配送者によって異なると思いますが、今回はその中でも海外配送に適した段ボール資材についてご紹介したいと思います。

海外配送推奨段ボール規格

・材質       K5K6

・ダブル

・ダンボールの厚さ 8mm(3mm~5mm)

これ以外の素材だと海外配送の際に商品が破損してしまう恐れがあるので、可能な限り上記規格のダンボールを使用することをお勧めします!

また、資材だけではなく梱包方法も注意が必要です。

特に段ボール内の隙間をできる限り無くすことはダメージを防ぐことに繋がります。

 

海外配送にNGなダンボール 4選

ここでは散見される海外配送NGなダンボールをご紹介したいと思います。

①段ボールの持ち手があるケース

力学的観点から、取っ手があるダンボールは強度的に弱くなるので海外配送には不適となります。

 

②国内配送用段ボールで送るケース(Amazonからくる段ボールなど)

国内配送用のダンボールは、海外配送用の2~3分の1なので強度的に不適です。

 

 

③テープが1点でしか止められていないケース

こちらも強度の面で不適となります。

 

 

④食品、化粧品の名前や連想するデザインのケース

(※もちろん武器等を連想するケースは言語道断)

このケースは他の場合と異なり、ダンボールの強度ではなく、食品が入っているのではないかと余分に疑われる可能性がある点で不適です。

 

まとめ

海外配送に適したダンボールを使用するだけで、納品不備や、それに関した余計な費用の発生を防ぐことができるので、この記事を参考にして正確な梱包を行えるようにしましょう!

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す