Lazada 物流:東南アジア最大級ECモールの物流を徹底解剖!!

 

前回記事『東南アジア最大級ECモール Lazada完全公開』では、東南アジア最大級ECモール Lazadaの概要をご紹介しました。

 

 

今回は、Lazadaの配送システムについて、Amazonとの比較を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

 

Lazadaに関して理解が不十分という方は、まず初めに以下記事をご覧ください!

 

『東南アジア最大級ECモール Lazada完全公開』

 

 

またLazadaのキャッシュフローに関して知りたい方はこちらを参考にしてください!

 

東南アジア最大級ECモール Lazada キャッシュフローの仕組み

 

 

 

ECモールへのセラー登録は、登録時期により難易度が異なります。登録に関しましては、各ECモールの最新情報を各自でお調べいただくよう、お願い申し上げます。

 

 

 

Lazada配送方法

 

Lazadaには3種類の配送方法が存在します。

 

 

以下では、それぞれの配送方法の詳細や、Amazonとの比較を交えてご紹介していきます。

 

 

 

Lazadaグローバル配送

 

Lazadaグローバル配送とは、Lazada海外配送センターへの送付だけで、東南アジア6カ国への配送が可能となり、さらに、TmallTaobao flagship storeの他モールでの販売も可能となるサービスです。

 

 

Lazadaグローバル配送サービスはAmazonにはない配送方法となります。

 

 

Lazadaグローバル配送の詳細は以下となります。

 

 

 

 

保管梱包:出品者

 

・代引き:Lazada

 

 

 

Lazadaグローバルフルフィルメント

 

Lazadaグローバルフルフィルメントとは、DFTZ倉庫を利用し、エンドユーザーへ配送する方法です。

 

 

詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

・保管梱包:Lazada

 

・代引き:Lazada

 

 

出品者直送

 

出品者直送は、その名の通り、出品者から直接購入者へ発送する方法です。

 

 

同様に、詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

・保管梱包:出品者

 

・代引き:出品者

 

 

 

Lazada 配送リードタイム

 

Lazadaで、注文を受けてから、商品が購入者の下へ届くまでの流れは以下の通りです。

 

 

 

 

 

商品リターンに関して

 

Lazadaに関してよくある質問に、『商品の返品』に関するものが多く存在します。

 

 

Lazadaでは、リターンのケアも行なっており、受取人不在の場合でも3回まではローカル配送業者が配達を行なってくれます

 

 

もし3回以上の不在が続くと、商品はソーティングセンター(荷受/仕分け/出荷センター)に戻され、その後、出品者の住所へ戻されます

 

 

 

まとめ

 

Lazada物流に関しては以上となります。

 

 

本記事を参考にして、Lazadaの配送システムをしっかりと把握しましょう。

 

 

また、Lazadaのキャッシュフローに関しては以下記事にまとめてあるのでそちらをご覧ください!

 

 

東南アジア最大級ECモール Lazada キャッシュフローの仕組み

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す