個人セラー必見!!本当に儲かるのはホリデー終了後?!

 

2018年ホリデーの準備もそろそろ終わり、一息ついている方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、ここでもうひと頑張りすることで来年のスタートダッシュにつながる可能性があります。

 

 

 

実は意外にも、Amazon.comにおいてホリデーが終わった1月が利益獲得のチャンスなんです!

 

 

1月が一番利益がでた、売り上げが多かったというのは毎年頻繁に聞きます。

 

 

本記事では、ホリデーシーズン後の1月に利益が上がる理由と、その準備についてご説明ますので是非参考にしてみて下さい!

 

 

なぜ1月がチャンスか?

 

ホリデーシーズンにはおもちゃやゲーム関連の商品を筆頭にほぼ全ジャンルの商品が飛ぶように売れます。

 

 

一方で、売上は上がりますが、競合が増え、それに伴い価格も下がって価格競争になるケースも少なくありません。

 

 

大量の商品数を有する強豪セラーは薄利多売で利益を稼ぐことができますが、
個人セラーの方には、売上の割に利益が少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこでおすすめなのが、年始1月照準作戦です。

 

 

理由は、

・強豪セラーが気を抜きやすいタイミング

・仮に気を抜かなくても在庫補充が間に合わず、在庫補充が後手後手に回りやすい

・ホリデーシーズンでの販売のCSに失敗したセラーがサスペンド・カート取得権限は剥奪されやすい

 

そのため、下記を重点的に今リサーチを行い、年末に差し掛かったところで、在庫を確認し投下すれば比較的リスクのない販売が可能です。

 

 

ホリデー後の販売準備のコツ

 

ホリデー後の1月のチャンスを最大限に活かす為のポイントは下記3点になります。

 

通常需要はそこそこのクリスマスシーズナル商品を狙う

※予想以上の需要で在庫が薄くなるため

 

通常時、無在庫販売者が多く売れにくい商品を狙う

※ホリデー販売のCS等に失敗し、カート取得権の剥奪およびサスペンドになりやすいため

 

普段売っている商品の販売価格を毎日確認し、値上がりする商品を狙い、ジャストインタイムで在庫を拡充する

※特に年末年始は他セラーの動きが遅くなりやすく、狙い目

 

 

まとめ

 

個人セラー必見!!本当に儲かるのはホリデー終了後?!に関しては以上となります。

 

「やっとホリデー準備が終わったのに・・・!」と思われるかもしれませんが、利益拡大の為、年内走り切りましょう!

 

 

無料メルマガ登録はコチラ

 

無料メルマガ

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す