フランスの穴場モール?! Cdiscount

 

ヨーロッパ全体で見ると、3番目に大きいeコマース市場であるフランス

 

 

そのフランスで、Amazonに次ぐ規模を誇るECモール、『Cdiscount』をご存知でしょうか?

 

 

Cdiscountと聞いても、日本ではまだ馴染みがない人が多いと思います。

 

 

そこで本記事では、フランスの巨大モール『Cdiscount』の紹介を行なっていきたいと思います。

 

 

ECモールへのセラー登録は、登録時期により難易度が異なります。登録に関しましては、各ECモールの最新情報を各自でお調べいただくよう、お願い申し上げます。

 

 

 

Cdiscountとは?

 

1998サービス提供開始、2000年に100年以上もつ続くフランスの大手小売会社カジノグループの子会社となる。当時の取り扱い商品は家電と家財のみ

 

 

転機は2014年

 

 

カジノグループがEコマースに特化した新会社Cnovaを設立し、CdiscountCnovaにより運営、取り扱いカテゴリーが拡張され、売上増加

 

 

2015年の売り上げは€4.8 billionで、前年比で16.4%UPしています。

 

 

現在、Cdiscountは、フランス最大級のECモールとなり、売り上げに関しては、Amazonに次ぎ、2番目の規模を誇り、売り上げは18億ユーロ(約2,200億円)です。

 

 

また、Cdiscountは電化製品やPC製品などのシェアが高いのですが、その理由として、独自の配送網が挙げられます。

 

 

独自の配送網とは、親会社カジノのネットワーク(フランス国内に2000以上のピックアップポイントが点在)のことで、購入者がそのネットワークを利用することが大きな強みとなっています。

 

 

また、800万人以上の顧客を抱え、1ヶ月に1900万人のアクセスがある事に加え、取引先国は150か国以上にわたり、1万人のプロセラーが出品4000万種類もの商品を取り揃えています。

 

 

 

Cdiscountモール特徴

 

ここでは、Cdiscountモールの特徴をご紹介していきたいと思います。

 

 

商品登録に制限数なし

販売カテゴリーは21種類

平均取引価格€110これはAmazonよりも高い数字となっている

・フランス国内のオンラインセールスで特に電化製品のにおいては28.5%のシェア

出品者が配送設定を行える

 

 

また、Cdiscountで商品を販売するためには、在住している国での商業登録と、税金の申告を行う必要があります。

 

 

販売手数料は商品ジャンルによって異なり、5%~となっており、セラー登録は39.99ユーロ/月です。

 

 

 

まとめ

 

Cdiscountイントロダクションに関しては以上となります。

 

 

Amazonではなく、Cdiscountを利用する利点としては、セラー数がAmazonFRの1/3であるため、競争率が低い事などが挙げられそうですね。

 

 

Cdiscountの手数料やキャッシュフローに関する記事はこちらをご覧ください!

 

 

フランス最大級ECモール Cdiscount 手数料まとめ

フランス最大級ECモール Cdiscount キャッシュフローまとめ

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す