【初心者】Amazon輸出を行う上で気をつける事べき点

今回はAmazon輸出をこれから行なっていく方向けに、Amazon輸出を行う上で気をつけるべき点に関して述べたいと思います。

(※本記事はメーカーではなく、卸購入、リセール、転売を中心に行っていかれる方向けの記事になっています。)

 

Amazon輸出を行う上で気をつけるべき3つの事

Amazon輸出を行う上で気をつける点は多数ありますが、以下ではその中でも特に意識しなければならない3点をご紹介していきます。

 

 

販売商品選定

これはAmazon輸出を始めたばかりの初心者の方に多く見受けられるのですが、ランキングや利益率が高い商品を疑い無く取り扱ってしますケースです。

もちろん利益率がいい商品を選ぶことは基本かつ重要ですが、それ以上に重要な要素は、その商品がリスクなく(リスク低く)持続的に利益が出る商品かどうかです。

 

誰が見ても利益が出やすい商品は他のセラーも同様に取り扱いたいと思うので遅かれ早かれ価格競争に巻き込まれます。

 

こうならない為にも、いい商品を見つけたと感じても、実際に取り扱う前に適切な利益計算を行うことをお勧めします。

【Amazon輸出】売れ筋商品の見つけ方(導入編)

 

 

利益計算に関しては別記事に記載してあるのでよろしければご覧ください!

【Amazon輸出】 FBA販売 利益計算方法

 

Amazon輸出 無在庫販売 利益計算方法

 

 

 在庫管理

二点目は在庫管理に関してです。

ライバルセラーがおらず、利益率がいい商品などは在庫を抱がちになってしまいますが、ライバルセラーが現れると在庫保有期間が長期に渡ってしまうリスクがあります。

 

販売商品選定時には必ず、ライバルセラー数の数を頭にいれ最終選定をする必要があります。

また一時的に少ないケース(メーカー欠品等)で販売価格向上しているケースもありますので、注意が必要です・

 

在庫を抱えている状態は、その在庫分の資金をホールドされているのと同じことなので、仮に在庫保管手数料がかかっていないとしても販売機会損失を出していることになります。

このような状況を避ける為にも、ライバルセラーがいない商品に関しても一気に在庫を抱えてしまうのではなく、複数回に分けてまずは様子を見ることをお勧めします。

 

 

販売商品&ライバルセラー動向確認

ライバルセラーの動向を確認することは、前述したケースを防ぐ事ができるなど、リスク管理につながるので、こまめに行うことをお勧めします。

 

例えば、売れ筋商品のライバルセラーがどんどん少なくなってきているケースから考えられることは、該当商品の販売がなんらかの理由でできなくなってきている事が挙げられます。

著作権ホルダー、特許ホルダーからの申告でできないケースや、代理店契約をしている業者からのストップ通知が送られている可能性があります。

そういった場合は、一旦販売を休止する必要がありますのでご注意くださいね。

 

 

 

 

まとめ

Amazon輸出を行っている方の多くは、攻めを意識しすぎるあまり、守りをおろそかにしている印象を抱きますが、結果を出しているセラーさんは必ずと言っていいほど守りを重要視しています。

これからAmazon輸出を行っていく方もこの記事を参考にして、守りをこれまで以上に意識してみてください。

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。
講演のご依頼はこちら
https://www.globalbrand.co.jp/about-lecture/

コメントを残す