【Amazon広告】スポンサープロダクト(Sponsored Products)とは?

 

 

皆さん、スポンサードプロダクト(Sponsored Products)をご存知でしょうか?

 

 

スポンサードプロダクト(Sponsored Products)とは、Amazon内の広告の事で、うまく活用する事で売上を大きく飛躍させることができます!

 

 

今回はAmazonでの販売を始めたばかりの方、また、Amazonでの販売はすでに行なっているが、スポンサードプロダクト(Sponsored Products)が何かよく分からない方向けに、スポンサードプロダクト(Sponsored Products)の概要や、使い方に関してご紹介していきます。

 

 

本記事は、スポンサードプロダクト(Sponsored Products)の説明のみになっているので、『もうすでに知ってる!』という方はSponsored Productsの使い方に飛んでください!

 

 

 

※セラーセントラルの表記は全て英語表記になっていますが、下記の画像赤枠で囲った部分から日本語対応も可能です。

 

 

 

 

 

 

前述の通り、スポンサードプロダクト(Sponsored Products)とはAmazon内での広告で、セラー広告とも言われています。

 

 

具体的使用シーンとしては、(新規)自社商品の販売を行っている方や、商品カートを獲得している時などが挙げられます。

 

 

新規商品は競合が少なく、高い利益率が見込める一方で、認知されていません。そこで、スポンサードプロダクト(Sponsored Products)を上手く活用する事で、商品の認知度を高め、販売を伸ばすという流れです。

 

 

 

 

スポンサードプロダクトがAmazon内のどこに掲載されているか皆さんご存知でしょうか?

 

Amazon内で実際にスポンサードプロダクトが表示されている様子が次の画像の赤枠で囲った部分となります。「Sponsored」という文字が小さく書かれているので広告感があまりないのではないでしょうか。

 

 

 

 

Sponsored Productsを利用する事で、販売したい商品を強制的に上位表示する事が可能です。Amazon商品ページで上位表示されるための条件に、Amazonの検索アルゴリズム(A9)が存在します。

 

Amazon A9は正式に公表されておらず、不透明な点が多いですが、抑えておくべき点などに関してまとめたので気になる方はこちらをご覧下さい!

 

 

 Amazonの検索エンジンAmazon A9の概要と攻略法

 

 

 

 

前述下通り、Sponsored Productsは(新規)自社商品、または、カートを獲得している商品を販売する時に使用します。

 

 

理由としては、Sponsored Productsを使用すると、その商品広告をクリックした時に移動する商品ページに表示されるのはSponsored Productsを使用したセラーのみが表示される商品ページではなく、通常の商品ページになります。

 

 

文字だけだと理解しずらいと思うので、実際にAmazonで販売されているSponsored Productsを使用した商品の画像と共に説明していきます。

 

 

まず先ほど赤ワクで囲んだSponsored Products商品のうち、左から2番目の商品をクリックしてみると、その商品ページに移動したと思います。

 

 

 

 

画像から分かるように、この商品のセラーは一人しかいない(下の矢印)ので、この場合Sponsored Productsで広告を出稿する事は賢い選択だと言えます。

 

 

したがって繰り返しになりますが、Sponsored Productsを使用するべき場面は、自社商品がある、または、カートを獲得している商品がある場合などに限られます。

 

 

 

まとめ

 

【アマゾン内広告】スポンサープロダクト(Sponsored Products)とは?に関しては以上となります。

 

 

スポンサープロダクト(Sponsored Products)に関しての理解が深まったら、次は以下記事を参考に使い方をマスターしましょう!

 

 

Sponsored Products:スポンサープロダクトの使い方(アマゾン内広告)

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

GB越境EC事業部
GB越境EC事業部
株式会社グローバルブランド 越境EC事業部。テレ東WBS出演|日経1面掲載|
米国アマゾン評価10000件超。uk5000超。海外物流200万件突破。オンラインxオフライン。米国現地営業。グローバル商品開発。営業拠点:名古屋|東京|米国|英国。生産拠点 日本|米国。
越境ECの最新情報をお届けします!

コメントを残す