【アマゾン内広告】スポンサープロダクト(Sponsored Products)の使い方

 

 

今回は前回記事『【アマゾン内広告】スポンサープロダクト(Sponsored Products)とは?』の続編で、Sponsored Productsの使い方に関する紹介記事になります。

 

 

Sponsored Productsの概要が分かってきたら次は実際に使ってみましょう!

 

 

 

では早速Sponsored Productsの使い方を説明していきたいと思います。

 

 

※セラーセントラルの表記は全て英語表記になっていますが、下記の画像赤枠で囲った部分から日本語対応も可能です。

 

 

 

 

 

 

①まずAmazon.comのセラーセントラルにログインします。

 

 

②セラーセントラルのメニュー欄(ページ上部)に『ADVERTISING』があるので、『ADVERTISING』のサブメニューの『Campaign Manager』をクリックします。

(画像の赤枠で囲っている箇所になります)

 

 

『Campaign Manager』をクリックすると現時点で出稿している広告内容が表示されます。

 

 

※まだSponsored Productsを使った事がない方は、画像内の緑の枠で囲ったCreate campaign(キャンペーンの作成)をクリックして広告の設定画面に進んで下さい。

 

 

 

 

③緑の数字の順に必要事項を入力し、『Continue to next step』、『Save and finish』をクリックして設定は終了となります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

【1】〜【7】に関しては以下の通りです。

 

 

Campaign name

 

広告管理用の名前になります。特に重要なものではないので好きな名前にしましょう。

 

 

 

Daily budget

 

1日当たりの広告費の上限になります。

 

広告費は広告がクリックされるごとに発生するので、仮にDaily budgetを5$にしておくと、広告費用が5$に達した時点でその日の広告掲載は止まることになるので、広告費が再現なく発生してしまう恐れはありません。

 

 

Start date , End date

 

広告の出稿期間になります。Start dateに広告を出稿したい日程を、End dateに出稿を終わりたい日程を入力します。

 

 

 

Automatic targeting , Manual targeting

 

この項目に関しては別記事に掲載したのでよろしければ参考にして下さい!

 

Sponsored Products: Automatic Targeting(自動ターゲティング), Manual Targeting(手動ターゲティング)とは?

 

 

 

Ad group name

 

Campaign Nameの中に管理用の分類名称を付けられます。こちらもそれほど重要ではないので好きな項目を設定しましょう。

 

 

 

Search by product name

 

ご自身がAmazonに登録している商品の中からどの商品に広告を出稿するかを決めます

 

 

 

Default bid

 

広告出稿費用の上限になります。

 

 

自分のDefault bidがライバルセラーのDefault bidよりも高いと、そのライバルセラーよりもご自身の商品が上位表示されます。

 

 

 

まとめ

 

【アマゾン内広告】スポンサープロダクト(Sponsored Products)の使い方に関しては以上となります。

 

 

スポンサードプロダクトをうまく活用する事で売り上げを大幅にアップすることも可能です。

 

 

本記事を参考にして、自社商品の販売数を伸ばしましょう!

 

 

 

また、商品リサーチに関する記事もございますので、もしよろしければご覧下さい!!

 

 

【Amazon輸出】商品リサーチ方法 〜安定して収益をあげるために〜

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。
講演のご依頼はこちら
https://www.globalbrand.co.jp/about-lecture/

コメントを残す