【2019 最新版】Amazon FBA 〜在庫保管手数料の改定〜

今回は、2018年に行われた、Amazon FBA在庫保管手数料の変更点に関して、まとめてみました!

変更内容は大きく4つに分けられます。

① 在庫保管手数料 \増額/

② 長期在庫保管手数料 \徴収スパンの変更/

③ 最低長期在庫保管手数料 \新設/

④ FBA在庫保管制限と在庫保管超過手数料 \変更/

こちらの記事を参照しながら変更点をご確認いただくと、分かりやすいかと思います。よろしければ参考にしてください。

しっかりと理解していますか?? Amazon FBA ~在庫保管手数料まとめ~

以下で、それぞれの変更点の詳細を確認していきます。

① 在庫保管手数料 \増額/

・変更点:1立方フィートあたり0.05ドル増額

(※1立方フィート=30.48 × 30.48 × 30.48 立方センチメートル)

・対象:Amazon FBA販売を行なっている全ての方

・施行日:201841日~

② 長期在庫保管手数料 \徴収スパンの変更/

・変更点:徴収頻度が半年ごとから毎月に変更

・対象:Amazon FBA販売を行なっている全ての方

・施行日:2018915日~

③ 最低長期在庫保管手数料 \新設/

・変更点:保管期間が365日以上のFBA在庫商品に対し、1つあたり月額最低0.50ドルの手数料が導入

・対象:Amazon FBA販売を行なっている全ての方

・施行日:2018815日~

④ FBA在庫保管制限と在庫保管超過手数料 \変更/

・変更点:FBAの保管制限値(25立方フィート)を超えた在庫の1日あたりの数量に基づき算出。1立方フィートあたり10ドル(毎月)請求されます。

(※1立方フィート=30.48 × 30.48 × 30.48 立方センチメートル)

・対象:Amazon FBA販売を行っており、在庫のパフォーマンス(Inventory performance)が350未満の方

・施行日:201871日~

在庫パフォーマンスに関してはこちらをご覧ください!!

在庫パフォーマンス (9/10~9/16 アップロード予定)

Amazon FBA在庫保管制限に関してはこちらをご覧ください!!

Amazon FBA倉庫納品量には上限あり?! 在庫保管制限に関して

まとめ

【2018年 最新版】 Amazon FBA 〜在庫保管手数料とポリシーの改定〜に関しては以上となります。

Amazon FBAに関するその他の記事はこちらをご覧ください!!

ライバルと差をつける!! Amazon FBA完全網羅!!

無料メルマガ登録はこちら!!

無料メルマガ登録

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。
講演のご依頼はこちら
https://www.globalbrand.co.jp/about-lecture/

コメントを残す