【保存版】インボイス(Invoice)作成まとめ

 

 

海外配送の際に必要となる物の一つにインボイス(Invoice)があります。

 

 

インボイス作成は何かと疑問点が多い割に、作成方法などに関する正確な情報が少ないように感じます。

 

 

そこで今回は、『インボイスとは?』という方も理解できるように、インボイス作成方法に関してご紹介していきたいと思います。

 

 

 

インボイス(Invoice)とは

 

インボイス(Invoice)とは、海外に荷物を配送する際に、税関に提出する必要のある『内容物の合計金額や物品明細書』の事です。

 

 

 

インボイスの様式

 

インボイスには決まった様式(規定)がありません。

 

 

そのため、必要な情報が記載されていればオリジナルのテンプレートであっても大丈夫という事になります。

 

 

インボイスのテンプレートを以下に掲載しておきます。

 

 

(※これはあくまでも一例であって、インボイスに決まった形式はございません。)

 

 

 

 

 

インボイス作成に必要な情報

 

インボイスの詳細について言及すると際限がないので、ここでは、『少なくともこれだけは記入しておきたい!!』という項目に関して確認していきたいと思います。

 

 

 

【依頼主情報】+【宛先情報】

 

発送元と発送先の住所になります。

 

 

当然ですが配送先は海外なので、住所の書き方は海外様式かつ英語での記入になります。

 

 

海外表記の住所や電話番号の書き方が分からない方は、こちらをご覧ください!!

 

 

海外での住所や電話番号の書き方

 

 

 

【インポーター情報】

 

インポーターとは、海外に発送した荷物に『破損・紛失』などの問題が発生した場合に、対応を行ってくれる人の事です。

 

 

インボイスには、その人(インポーター)の情報を記入する必要があります。

 

 

※Amazonはインポーターにならないと公言しているので、ご自身でインポーターを準備する必要があります。

 

※インポーターを準備しないと、海外でトラブルが発生した際に対応できないので、荷物の返送リスクが高まります。

 

 

【商品情報】

 

1商品につき必要な情報は以下です。

 

 

1.商品名

 

2.生産国

 

3.HS code

 

4.メーカー名/住所

 

5.主材料

 

6.使用用途

 

7.個数

 

8.単価

 

9.合計金額

 

 

 

【インボイスバリュー】

 

インボイスバリューとは、申告金額のことです。

 

 

インボイスバリューに関しては、非常に間違えやすく、また、最悪還付が取り消しになる可能性がありますので注意が必要です。

 

 

インボイスバリューに関してはこちらをご覧ください!!

 

 

<還付取り消し事例>インボイスバリュー申告価格に関するお問い合わせ

 

 

 

【Total情報】

 

最後に、『全商品の合計金額』、『重量』、『サイン』、そして『発送日』を記載すれば完了となります。

 

 

 

まとめ

 

インボイス(Invoice)作成方法に関しては以上となります。

 

 

また、Amazon FBAをご利用の方は、インボイスの作成が完了したら次に確認する事として、出荷後の納品チェックがあります。

 

Amazon FBA 納品チェックに関してはこちらをご覧ください!!

 

 

【Amazon輸出】FBA 納品チェックまとめ

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す