【海外発送 費用削減】Amazon FBA納品倉庫を一箇所にまとめる

 

 

本記事では、

Amazon FBA納品倉庫(=Amazon Fulfillment Center)を一箇所にまとめて、

海外発送費用(送料)削減方法をご紹介しています。

 

 

 

Amazonのデフォルト設定では、1つのFBA納品プランが複数の発送先(Amazon Fulfillment Center=FBA倉庫)に分かれることがあります。

 

 

理由は、現地に複数あるFBA倉庫にアイテム在庫を分散しておくことで、購入者に早くお届けできるようにするためです。

 

 

(※現状、どこのFBA倉庫に納品されるかは、FBA納品プランの発送元住所や、納品する商品等により、Amazonが決定します。)

 

 

一方で、発送先が複数個に分かれてしまうと、送料がかさみ、お困りの方もいらっしゃると思います。

 

 

そこで今回は、Amazon FBA納品倉庫を一箇所にまとめて、海外発送費用を削減する方法を確認していきます。

 

 

 

Amazon FBA納品倉庫を一箇所にまとめる手順

 

ここでは具体的に、FBA倉庫納品の設定変更方法を確認していきます。

 

 

『納品先集約オプションの設定』を、『FBA納品先集約サービス』に変更することにより、例外を除き、できる限り1つの発送先FBA倉庫へ納品することが可能となります。

 

 

(※例外に関しては、本文後半に記述しているのでそちらをご覧下さい!)

 

 

まず、セラーセントラルから『設定』>『FBAの設定』を選択します。

 

 

 

 

『入荷設定』タブの『編集』を選択します。

 

 

 

 

そして最後に、『納品集約サービス』のチェックボックスにチェックを入れて、『更新』をクリックして完了となります。

 

 

 

 

 

商品ごとの手数料

 

なお、Amazon FBA納品先集約サービスでは、商品ごとにサービス手数料がかかります。

 

 

手数料に関しては以下一覧表を参考にして下さい!

 

 

標準サイズ(1商品あたり)
1ポンド以下 0.30ドル
1~2ポンド 0.40ドル
2ポンドを超える場合 0.40ドル+2ポンドを超えた分の1ポンドにつき0.10ドル
大型(商品あたり)
5ポンド以下 1.30ドル
5ポンドを超える場合 1.30ドル+5ポンドを超えた分の1ポンドにつき0.20ドル

 

 

 

Amazon FBA納品手数料に関してはこちらをご覧ください!

 

 

【確実に読んでおきたい!!】 日本一正確なAmazon FBA納品手数料について

 

 

 

Amazon FBA納品倉庫を一箇所にまとめる事ができないケース

 

Amazon FBA納品先集約サービスを使っても、以下カテゴリーの商品は、複数のFBA納品倉庫に分かれてしまう場合があります。

 

・服&ファッション小物

・ジュエリー

・シューズ&バッグ

・メディア

・混合在庫

・大型商品

・Amazonでの梱包が必要

・Amazonでのラベルの貼付が必要

・危険物

 

 

 

まとめ

 

【海外発送 費用削減】Amazon FBA納品倉庫を一箇所にまとめるに関しては以上となります。

 

 

利益率アップの為にも、本記事を参考にして、Amazon FBA納品先倉庫を一箇所にまとめてみてください!!

 

 

また、Amazon FBAに関するその他の記事はこちらをご覧ください!!

 

 

ライバルと差をつける!! Amazon FBA完全網羅!!

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す