【Amazon輸出】おすすめツール Zon ASIN Hunter 使い方

 

前回記事『【Amazon輸出】おすすめツール Zon ASIN Hunter 導入方法』では、Zon ASIN Hunterの概要や、導入方法についてご紹介しました。

 

 

『Zon ASIN Hunterって何??』、『どんなツールなの??』という方は、まずは前回記事『【Amazon輸出】おすすめツール Zon ASIN Hunter 導入方法』からご覧いただくことをおすすめします。

 

 

本記事では、Zon ASIN Hunterを導入した後の、実際の使用方法を、現在Amazon.comに出品されている商品を用いて、ご紹介していきたいと思います。

 

 

※Zon ASIN Hunterは全て英語表記となっています。

 

 

 

Zon ASIN Hunter 使い方

 

ここではZon ASIN Hunterの使い方をご紹介していきます。

 

 

まず、抽出情報の設定を行うために、ダウンロードしたツールを開き、『Config』をクリックします。

 

 

 

 

すると、以下のような画面が出てくるので、ご自身が抽出したい情報を赤ワクで囲った部分から選択します。

 

 

抽出する情報の設定が完了したら、『Dig Mode』にチェックを入れ、『Save』をクリックして抽出情報の設定は完了となります。

 

 

※『Dig Mode』にチェックを入れ忘れると、うまく情報の抽出が行えないので、チェックの入れ忘れがないよう注意しましょう。

 

 

 

 

『どうせ抽出するなら、全ての項目にチェックを入れておいた方がいのではないか?』とお考えになられた方もいらっしゃると思いますが、全ての項目を選択してしまうと、データが多くなり過ぎてしまい、抽出にかなりの時間がかかってしまいます。

 

 

ですので、必要が無い項目に関してはチェックを外し、仮に抽出する情報がASINだけで良いのなら、左上の『ASIN Only』をクリックすると一括で選択する事ができます。

 

 

 

ASIN等 情報の抽出

 

抽出情報の選別が完了したら、次は実際に情報を抽出していきます。

 

 

抽出方法ですが、自分が抽出したい商品情報が掲載されているページのURLを、画像赤ワクで囲った部分に入力して、『Fetch』をクリックします。

 

 

 

 

入力する商品ページの見つけ方ですが、Amazonの検索窓から気になるカテゴリー、キーワードで検索するか、パワーセラーを見つける、などの方法があります。

 

 

例えばAmazonの検索窓に『japanese pens』と検索して、そのページのURLをZon ASIN Hunterに入力して情報の抽出を行います。

 

 

※また、抽出する情報が大きい場合(商品数が多い場合)、全ての情報を抜き取る事ができないケースがあります。Zon ASIN Hunterは便利なツールではありますが、完璧なツールではない事を理解した上で使用しましょう。

 

 

 

 

具体的な売れ筋商品の見つけ方に関してはこちらの記事をご覧ください!

 

【Amazon輸出】売れ筋商品の見つけ方(検索窓活用編)

 

 

 

抽出データの使い方

 

抽出が完了したら、以下画像の画面になります。

 

 

抽出が完了したデータは、そのままの状態では扱いづらいので、CSVファイルなどの形にして出力を行いましょう。

 

 

ファイルを出力する方法ですが、『Check All』にチェックを入れると、画面左上の『Export』が選択できるようになるので、そこを選択してファイルをダウンロードします。

 

 

 

 

 

まとめ

 

【Amazon輸出】おすすめツール Zon ASIN Hunter 使い方に関しては以上となります。

 

 

初めのうちは慣れず大変かもしれませんが、慣れてくると、なくてはならない存在になる程便利なツールです。

 

 

本記事を参考に、Zon ASIN Hunterをしっかりと使いこなせるようになりましょう!

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す