【初級者向け】海外Amazon 開始時に読むべき記事6選

これから海外Amazonを使って海外に販路を拡大しようと考えている方向けに、海外Amazonを始めるために必要な手順をまとめたので是非参考にして下さい!!

 

まず初めになぜアマゾン、なぜ米国市場が越境ECに適しているかをまとめた記事をご覧ください。

 

考え方~越境EC市場~

越境EC成功のための一番大切な話 – マーケット選定編 –

 

 

海外Amazon出品者アカウント登録に関してはこちらをどうぞ!

 

海外Amazonアカウント登録

海外Amazon口座開設方法 〜2018年度 最新版〜

 

海外レンタル銀行口座サービス

また、海外Amazon出品者アカウント登録をするためには、海外銀行口座を持つ必要があるのですが、多くのセラーの方は海外レンタル銀行口座サービス代用しています。

代表的な海外レンタル銀行口座サービスはPayoneer』,『Hyperwallet』,『Worldfistの3つで、これらに関しては以下記事をご覧下さい!

 

 

損してるかも?日々進化する外貨受取口座比較 更新日:2018年8月1日

 

 

販売方法の決定

ここまで来たら、販売方法の決定が必要です!

AmazonはざっくりいうとAmazon倉庫に送って「出荷~カスタマーサポート」までをアウトソーシングでやってもらうFBA(Fulfillment By Amazon)

売れた商品を日本から販売先国に発送するFBM(Fulfillment By Merchant)

の2点があります。

 

全体的にまとめた記事がありますのでこちらをご確認ください。

 

Amazon輸出 販売方法比較(FBA/無在庫/有在庫自社出荷)①

 

商品登録まとめ記事

商品登録に関してはこちらに纏めておりますので、確認いただけたら思います!

http://www.globalbrand.co.jp/category/amazon-export/product-registration/

 

 

FBAまとめ記事

Amazonが提供する販売システムFBAに関してはこちらをご覧下さい!FBAに関する他の記事が気になる方は、カテゴリーからFBAに関する記事一覧に飛べるので、よろしければそちらをご覧下さい!

http://www.globalbrand.co.jp/category/amazon-export/fba/

 

 

Amazon攻略の登竜門アカウント防御

Amazon輸出 アカウントのサスペンドを招く原因と対処法

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す