メーカー騒然!Amazonが原価売りするたった一つの理由

『Kindle』も『Fireタブレット』も原価売り?!

この両製品に共通するのは、とにかく安いこと。本稿の執筆時点でEcho Dot5980円、Fire TV Stick4980円とかなり安価だ。キャンペーン価格になるとさらに安い。

どうしてこんなに安いのか?

Amazon.comAmazon Devices上級副社長のデイブ・リンプ氏は、「安い理由? 販売価格が、ほぼ原価に等しいからだ」と説明する。

「我々は、ハード自体を売ることで収益を上げるのではなく、ユーザーがそれを“使う”ことで利益を得るスタイルを採っている。だから、デバイスの販売価格を製造コストに近いところに抑えることができる。購入後に使ってもらうことで、利益が出るしくみだ」

この方針は、Echo DotFire TV Stickだけに限った話ではない。電子書籍端末の「Kindle」やタブレット端末の「Fireタブレット」などでも同様だ。いずれも他社がつくるハードウエアより安いうえに、機能・品質面でも劣っていない。

ハードウエアの販売によって利益を得なければならない他メーカーとはビジネスモデルがまったく異なるため、彼らにとってアマゾンは、太刀打ちするのがきわめて難しい難敵となっている。

投稿者プロフィール

BrandGlobal
BrandGlobal
GlobalBrandスタッフ厳選の海外ビジネス最新情報を公開!!

会社概要:【新ウェブサービス開始に向け米国シリコンバレーに新会社開設準備中】100%海外関連ビジネス(物販、サービス、システム)立ち上げ7年目のベンチャー企業。海外物流。海外プロモーション。越境ECツール。越境EC物流200万件突破。メディア運営。国内外展示会出展。海外向け商品開発。名古屋、カリフォルニア支店倉庫あり。

コメントを残す