【HSコード検索】〜Amazonカテゴリー/Webタリフ 活用方法〜

 

海外発送を行う際、事前に関税率を知りたいという方は多いのではないでしょうか?

 

 

関税率はHSコードによって決められるので、正確なHSコードを知ることは、正確な関税を把握する事に繋がります。

 

 

そこで今回は、誰でも簡単にできるHSコード検索方法や手順を、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

本記事は、前回記事の続きとなっているので、まずはこちらからご覧下さい!!

 

 

 【HSコード検索ツール】 ワールドタリフ(WorldTariff)活用 ~応用編~

 

 

 

また、関税率とHSコードの関係性に関してはこちらをご覧ください!

 

 

損してるかも?! 変わる関税率とHSコード

 

 

 

 

【Amazonカテゴリー活用】HSコード検索方法

 

前回記事では、2通りのHSコード検索方法をご紹介しました。

 

 

今回は、前回紹介したHSコード検索の、具体的な手順をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

① Amazonのカテゴリー小分類・中分類を活用する

 

以下では、2つのケースを想定して、手順をご紹介していきます。

 

 

例:【B071F2V3KT(掛け布団)】のHSコードを検索

 

 

 

ケース1:Amazon商品ページ 〜「Best Sellers Rank」の活用~

 

1)Amazon.comで該当の商品をASIN検索

 

 

 

 

2)Amazon商品ページの「Best Sellers Rank」を参照。

 

 

カテゴリーが英語で表示されているので、その単語をHSコードテキスト検索で活用

 

 

 

 

 

 

 

商品を実際に、Amazon FBA倉庫に納品した際の手数料が気になった方は、こちらをご覧ください!

 

 

【2018 最新版】Amazon FBA 〜手数料大全〜

 

 

 

ケース2:Amazon商品ページ ~「Best Sellers Rank」で確認できない場合~

 

1)Amazon.comで該当の商品(B071F2V3KT 掛け布団)検索

 

 

商品名から単語をピックアップして検索。その商品を表現している単語を選択してください。

 

 

今回の場合は『Comforter』となります。

 

 

商品名: AmazonBasics Down Alternative Comforter, Full/Queen

 

 

 

 

 

 

2)Amazon検索ページ一覧の左欄に表示されるカテゴリーを参照。単語をHSコードテキスト検索で活用

 

 

 

 

Webタリフ(by日本関税協会)の日英機能を活用する

 

1)日本語でキーワード検索をし、最適なものをみつける

 

Webタリフはこちらから!!

 

 

2)日本語で探せない場合、赤枠をクリックし、英語表記に切り替える

 

 

 

 

 

3)①のAmazonカテゴリー活用手順に従い、英語のキーワードをピックアップし、検索

 

 

 

 

まとめ

 

海外発送を行う上で、インボイス作成やHSコードは関税に関わる部分故、非常に重要なポイントとなります。

 

 

意図せぬアンダーバリューを引き起こさない為にも、本記事を参考に、正確なHSコード検索方法をマスターしましょう!

 

 

アンダーバリューに関してはこちらをご覧下さい!

 

アンダーバリューで消費税還付が取り消し!?最新の裁判事例を解説します!

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す