【海外Amazonセラー必見】FBA納品確定処置 規約改定

 

 

海外Amazon FBAセラーの皆さんは、セラーセントラルで一度「納品を確定」処置をした後、きちんとAmazonの指示通りFBA倉庫に納品していますか?

 

 

特に、送り先FBA倉庫の宛先が複数に分かれてしまった場合、一方だけに納品し、一方は納品せずそのまま放置したりしていませんか?

 

 

今回のAmazon FBAルール改正に伴い、確定処置をした後をそのまま放置すると、納品手数料の発生や、最悪の場合、Amazon FBA倉庫へ納品できなくなってしまいます。

 

 

そこで本記事では、今回改定が行われる、海外Amazon FBA規約に関して確認してきます。

 

 

 

規約概要

 

以下が、規約概要となります。

 

 

・施行日:2018831

 

・名前: 「(Cancelled, misrouted, and incomplete shipments)」

 

・対象: 一度”納品を確定”したAmazon FBAプラン、及び、確定内容と異なる内容の貨物を納品した場合

 

・内容: 確定内容通りに納品しなければ、受領遅延や別途手数料の他、最悪の場合納品の権利が無くなります。

 

 

 

「納品を確定」したFBAプランとは?

 

セラーセントラルでFBAプラン作成の際に、FNSKUラベルの印刷が終わったあと(=貨物内商品数の確定)の次に行う処置が該当の処置となります。

 

 

「続ける」をクリックすると、Amazonが、貨物内の商品と数量から、最適な納品先を決定します。

 

 

 

 

 

送り先が確定しました。「納品を確定」をクリックすると、確定処置が完了です。

 

 

 

 

 

今回のポリシー改正の対象は、上記の様に、確定処置をしたFBAプラン に適用されます。

 

 

 

具体例

 

以下は、本規約に該当する具体例となります。

 

 

・ 送り先が複数のFBA倉庫に分かれた納品プランの一部だけを納品する(全て納品しない)

 

・ 送り先FBA倉庫を間違える

 

・ 商品数を間違えたり、FBA外箱ラベルを貼付し間違えたり等、不完全な状態での納品

 

 

 

確定処置の取り消し方法

 

該当のFBAプランを選択し、「納品を削除」をクリック

 

 

 

注意事項

 

・宛先が複数に分かれた場合、一番早くに到着した貨物の入庫日(delivered date)から、30日以内にすべてのプランを納品すること

 

・納品先が複数に分かれるのを防ぐためには、 『FBA納品先集約サービス』をご利用ください。

   ※別途手数料が発生します。

   ※商品カテゴリーにより、集約できない場合があります。

 

 

Amazon FBA納品先集約サービスに関してはこちらをご覧ください!

 

Amazon FBA倉庫を一箇所にまとめて経費削減

 

 

 

まとめ

 

【海外Amazonセラー必見】FBA納品確定処置 規約改定に関しては以上となります。

 

 

Amazonは頻繁にルール変更を行うので、常に最新の情報をキャッチしていきましょう!!

 

 

 

また、アメリカAmazon FBAに関するその他の記事はこちらをご覧ください!!

 

ライバルと差をつける!! アメリカAmazon FBA完全網羅!!

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

GB越境EC事業部
GB越境EC事業部
株式会社グローバルブランド 越境EC事業部。テレ東WBS出演|日経1面掲載|
米国アマゾン評価10000件超。uk5000超。海外物流200万件突破。オンラインxオフライン。米国現地営業。グローバル商品開発。営業拠点:名古屋|東京|米国|英国。生産拠点 日本|米国。
越境ECの最新情報をお届けします!

コメントを残す