【海外Amazonセラー必見】FBA納品確定処置 規約改定

 

 

海外Amazon FBAセラーの皆さんは、セラーセントラルで一度「納品を確定」処置をした後、きちんとAmazonの指示通りFBA倉庫に納品していますか?

 

 

特に、送り先FBA倉庫の宛先が複数に分かれてしまった場合、一方だけに納品し、一方は納品せずそのまま放置したりしていませんか?

 

 

今回のAmazon FBAルール改正に伴い、確定処置をした後をそのまま放置すると、納品手数料の発生や、最悪の場合、Amazon FBA倉庫へ納品できなくなってしまいます。

 

 

そこで本記事では、今回改定が行われる、海外Amazon FBA規約に関して確認してきます。

 

 

 

規約概要

 

以下が、規約概要となります。

 

 

・施行日:2018831

 

・名前: 「(Cancelled, misrouted, and incomplete shipments)」

 

・対象: 一度”納品を確定”したAmazon FBAプラン、及び、確定内容と異なる内容の貨物を納品した場合

 

・内容: 確定内容通りに納品しなければ、受領遅延や別途手数料の他、最悪の場合納品の権利が無くなります。

 

 

 

「納品を確定」したFBAプランとは?

 

セラーセントラルでFBAプラン作成の際に、FNSKUラベルの印刷が終わったあと(=貨物内商品数の確定)の次に行う処置が該当の処置となります。

 

 

「続ける」をクリックすると、Amazonが、貨物内の商品と数量から、最適な納品先を決定します。

 

 

 

 

 

送り先が確定しました。「納品を確定」をクリックすると、確定処置が完了です。

 

 

 

 

 

今回のポリシー改正の対象は、上記の様に、確定処置をしたFBAプラン に適用されます。

 

 

 

具体例

 

以下は、本規約に該当する具体例となります。

 

 

・ 送り先が複数のFBA倉庫に分かれた納品プランの一部だけを納品する(全て納品しない)

 

・ 送り先FBA倉庫を間違える

 

・ 商品数を間違えたり、FBA外箱ラベルを貼付し間違えたり等、不完全な状態での納品

 

 

 

確定処置の取り消し方法

 

該当のFBAプランを選択し、「納品を削除」をクリック

 

 

 

注意事項

 

・宛先が複数に分かれた場合、一番早くに到着した貨物の入庫日(delivered date)から、30日以内にすべてのプランを納品すること

 

・納品先が複数に分かれるのを防ぐためには、 『FBA納品先集約サービス』をご利用ください。

   ※別途手数料が発生します。

   ※商品カテゴリーにより、集約できない場合があります。

 

 

Amazon FBA納品先集約サービスに関してはこちらをご覧ください!

 

Amazon FBA倉庫を一箇所にまとめて経費削減

 

 

 

まとめ

 

【海外Amazonセラー必見】FBA納品確定処置 規約改定に関しては以上となります。

 

 

Amazonは頻繁にルール変更を行うので、常に最新の情報をキャッチしていきましょう!!

 

 

 

また、アメリカAmazon FBAに関するその他の記事はこちらをご覧ください!!

 

ライバルと差をつける!! アメリカAmazon FBA完全網羅!!

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す