【2018年度】海外銀行口座 Worldfirst登録方法

 

 

海外銀行口座の代わりに使え、誰でも簡単に作成できる、

おすすめの海外銀行口座レンタルサービス作成方法ご紹介

 

 

 

海外Amazonのアカウント開設を行うにあたって、海外銀行口座を持っている事は必須実行です。

 

 

しかし、現地に住所がないと、海外銀行口座の作成はできません。

 

 

そこで今回は、海外銀行口座の代わりに使用する事ができ、誰でも簡単に作成できる、おすすめの海外口座レンタルサービス登録方法に関してご紹介していきたいと思います!!

 

 

※海外Amazonアカウント開設がお済みで無い方は、まずこちらの記事からお読みください!

 

 

【2018 最新版】海外Amazonアカウント開設方法 

 

 

 

本記事は、ワールドファースト(WorldFirst)の紹介記事になりますが、主要な海外銀行口座レンタルサービスは3種類あります。

 

 

海外銀行口座レンタルサービス比較記事こちらをご覧ください!!

 

 

【2018 最新版】海外銀行口座レンタルサービス 〜徹底比較〜

 

 

では早速、ワールドファースト(WorldFirst)の登録方法を見ていきましょう!!

 

 

 

 

※海外Amazonのアカウントをまだ開設していない方はこちらから先にご覧ください!

 

 

海外Amazon口座開設方法 〜2018年度 最新版〜

 

 

 

また、他の海外口座レンタルサービス登録方法に関しては以下URLからご確認下さい。

 

 

ペイオニア(Payoneer)海外口座レンタルサービス登録方法

 

ハイパーウォレット(Hyperwallet)海外口座レンタルサービス登録方法

 

 

Worldfirstとは?

 

WorldfirsはPayoneerと並び、Amazon輸出を行なっている方の多くに利用されている海外銀行口座レンタルサービスです。

 

 

Worldfirst登録方法

 

まず以下URLからWorldfirstの登録ページにログインします。

 

 

Worldfirst 登録ページ

 

 

登録ページにログインしたら以下手順に従って登録を進めて行きます。

 

 

(※言語は日本語ですが記入はアルファベットのみとなっているのでご注意下さい。

 

 

登録に特に複雑な手順はなく、質問されている事に答えていく形となります。

 

 

まず、ご自身の個人情報等を記入し、チェックボックスにチェックを入れてたら『次へ』をクリックして次に進みます。

 

 

 

 

 

次は代表者の情報を記入していきます。

 

 

個人でやられている方はご自身の情報を、法人の方はその企業の代表者の方の情報を記入します。

 

 

ここでも、記入が終了すると『次へ』をクリックします。

 

 

 

 

次はご自身が住んでいる住所の情報を記入します。

 

 

※ここで記入するのは個人の住まいに関してで、法人等の住所を記入しないように注意しましょう。

 

 

 

 

次は会社情報を記入していきます。

 

 

ここでも同様に記入が終われば『次へ』をクリックします。

 

 

 

 

 

ここでは必須事項に関しの記入となります。

 

 

ご自身が取り扱っている商品や、登録後1年間でどれだけの資金をWorldfirstを使って出金するか、等に関して記入していきます。

 

 

 

 

最後に身分証明書の提出方法を選択して終了となります。

 

 

他の海外レンタル口座サービスと違ってWorldfirstでは『後で提出』という方法もあります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

Worldfirstの登録に関しては以上となります。

 

 

また、代表的な海外銀行口座レンタルサービス主要3社の比較記事は以下リンクからご確認下さい!!

 

 

海外口座レンタルサービス3大巨頭  徹底比較  〜2018年度最新版〜

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す