カリフォルニア州法 PROP65 【問い合わせ内容②】

 

 

本記事は、前回記事『カリフォルニア州法 PROP65 【問い合わせ内容①】』の引き続きで、前回の3つの質問に引き続き弊社がAmazonに行なった更なる質問と、その回答となります。

 

 

記事後半では、弊社とAmazonとの実際のやり取りも掲載しているので、是非ご覧ください!

 

 

 

Prop65に関しては、こちらをご覧ください!

 

Amazon輸出 【カリフォルニア州法】PROP65 に関して

 

 

前回記事ではAmazonへ3つの質問をしました! 質問内容はこちらをご覧ください!

 

前回記事:カリフォルニア州法 PROP65 【問い合わせ内容①】

 

 

 

弊社問い合わせ内容&それに対するAmazonからの回答

 

今回Amazonに問い合わせた内容と、Amazonからの回答は以下の通りです。

 

 

 

Q1)自分たちでchemical name判断してよいか?

 

【回答】セラー側で正しいと思うもの、または商品の成分に書かれているものを参照して選択してよい。

 

※『chemical name』Prop65の提出情報項目の1つとなります。

詳細はこちらをご確認ください!

前回記事:Amazon輸出:【カリフォルニア州法】PROP65 Amazonとのやり取り①

 

 

 

Q2) 2018/8/1時点でPROP65情報をアップデートしていない商品は販売停止されるのか?

 

【回答】YES。アップデートしていない商品は warning の必要なしとセラーが判断したとみなされ、表示されている警告が削除される可能性があります。Amazonが販売停止する可能性有りです。

また、PROP65情報を追加した後、その内容はAmazon internal teamによってチェックされます。
チェック中間は、そのリスティングはinactiveになります。

 

【弊社対応】Amazonからの返信の “表示されている警告が削除される可能性があります” 、この記載部分の意味が不明瞭だったので、現在Amazonに問い合わせ中となります。

 

 

 

Q3)既にAmazon FBAで販売中の商品はどうなるのか?

 

【回答】すでに FBA倉庫にある商品はそのまま残り、ステータスがinactiveになるので、アップデートしAmazonに承認されるまでバイヤーが購入できない状況になる。

 

【弊社対応】PROP65の影響で、ステータスがinactiveになった商品にFBA在庫保管手数料は発生するのか、に関してAmazonに問い合わせ中

 

 

 

弊社とAmazonとの実際のやり取り

 

読者の皆さんに、何かの参考になるかもしれないので、ここではAmazonとの実際のやり取りを掲載したいと思います!

 

本件に関して、弊社は2018/06/06から情報収集を行なっていましたが、今回の回答を得られるまでにコンタクト開始から2ヵ月が経過しました。

 

 

 

 

Amazonは部門が多岐にわたる為、質問がたらい回しにされる事は日常茶飯事です。

 

 

『※赤線部分翻訳:今回の件につきましては、何か解決策が出たら私まで連絡くれるよう、専門のチームに言ってありますので、専門チームから連絡がきたらすぐにあなたに連絡しますね。』

 

 

 

 

そのため、質問が回答されるまで、リマインドとして何度も返信を送り続けるので、やり取りは長期に及びます。

 

 

 

 

現在、まだ質問全てに回答は頂いていないので、引き続きAmazonへのコンタクトを続けています。

 

 

 

まとめ

 

PROP65に関するAmazonへの問い合わせの進捗状況は以上となります。

 

 

AmazonからPROP65に関する具体的な返信があれば記事をアップしていくので、気になる方はご覧ください。

 

 

次回記事:カリフォルニア州法 PROP65 【問い合わせ内容③】 はこちらからご確認ください!

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す