消費税還付のために「保管しておくべき書類」って何??

 

 

越境ECで海外販売をされている方にとって、消費税の還付は非常に重要な収入源となります。

 

消費税の還付を受けるためには、様々な要件があります。

その中でも「どのような書類を保管しておく必要があるのか」については、対応を間違えると、後の税務調査で<消費税還付の取り消し>という重大な問題になりかねないポイントです。

 

この話はとても重要な論点ですので、今回は「消費税還付のために保管しておくべき書類」をテーマに記事を記載したいと思います。

 

 

「この記事は下記の方を対象にしています。」

・これから海外販売を始めようと検討されている方(初心者)

・税務署、税務調査対応をしたい方(中級者)

 

 

 

消費税還付のためには輸出取引である証明をしなければいけない!

まず、消費税還付を受ける為には、「輸出取引である証明が必要」になります。

この輸出取引である証明は、「海外配送の方法」、「金額」、「輸出許可を要するか否か」により、用意すべき書類が変わります。

 

具体的には以下の通りになります。

 

海外配送の方法 金額 用意すべき書類
郵便 20万円以下 帳簿(又は書類)
20万円超 輸出許可証

(税関長が証明した書類)

その他(クーリエ便等) 輸出の許可が要らない貨物 帳簿(又は契約書等の書類)
輸出の許可が要る貨物 輸出許可証

(税関長が証明した書類)

 

まず、20万円を超える物品を郵便物として郵送した場合は、税関への申告を行なう義務があります。

詳しくはこちら⇒

https://www.post.japanpost.jp/int/information/important/tukan.pdf

 

実務上は、日本郵便株式会社に通関手続を代行することにより、「輸出許可証」が発行されます。その際に入手した輸出許可証を「輸出を証明する書類」として保存することとなります。

 

一方、20万円以下の物品を郵便物として郵送する場合は、税関への申告が不要ですので、「輸出の事実を記載した帳簿」の保存のみで構いません。

 

具体的には、以下の内容を帳簿に記載する必要があります。

No 帳簿の内容
日付
販売先
商品名、数量
金額

 

 

クーリエ便を利用して海外配送をしたケースは?

また、郵便以外の発送方法(クーリエ便等)では、原則、税関から輸出許可証が発行されます。このような物品については、その際に入手した「輸出許可証」が輸出を証明する書類となります。

非常に重要なポイントして、「輸出許可証」はこちらからクーリエ会社に連絡を取って依頼しないと発行してもらえないケースが多々見受けられます。

とても重要な書類ですので、忘れずに「輸出許可証」を依頼するようにしましょう。

 

輸出許可証については、下記の記事にて詳しく解説していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

クーリエ会社から発行される輸出許可通知書とは?

 

なお、上記のいずれにも該当しないものについては、「取引の事実を記載した帳簿、あれば関連する書類」を保管しておくことで対応が可能です。

 

まとめ

Amazon輸出をされる方は、消費税還付を受けることが大変重要です!

上記の書類を保管して、確定申告に備えて事前準備を致しましょう!

 

投稿者プロフィール

健右小柴
健右小柴
『越境EC×IT×国際税務』をコンセプトに、Amazon・eBay等を利用した越境ECビジネスに特化した会計税務サービスを提供。
輸出入特有の税務、欧州付加価値税、米国売上税、豪州GST等を勘案したアドバイスにより、越境ECセラーの税務リスクを抑えつつ利益を最大化するサポートをしている。
また直近では、欧州向け輸出のスタートアップコンサルティングを開始。顧客企業の役員として参入し、ビジネスモデルの構築から販売・税務戦略のアドバイスをしている。

コメントを残す