【2018 最新版】Amazon ホリデーシーズンまとめ

 

 

ついに今年もこの時期がやってきました!

 

Amazonビッグイベント ホリデーシーズン!!

 

 

ホリデーシーズンでは多くの方の売り上げが大幅に伸びます。

 

 

過去にホリデーシーズンに参加経験のある方で、すでにそわそわしていらっしゃる方もいるのではと思います。

 

 

一方で、ホリデーシーズンに参加するのは今年が初めてで、何がどう変わるのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

また慣れている方も、今年のホリデーシーズン前の呪いは何だろなと危惧している方も多いと思います。

 

 

そこで今回は、初めて参加する方でもホリデーシーズンに関してしっかりと理解できるよう、ホリデーシーズンの概要や、押さえておくべきポイントなどに関する記事をまとめたので、よろしければご覧ください!

 

 

まずはホリデーシーズンの呪い(ホリデー前に起こるもはや恒例のサスペンドラッシュ)ですが、昨年2017年は真贋調査によるサスペンドラッシュが横行しましたね。

 

 

今年は追跡番号の有無(追跡番号なしの無在庫はかなり危険な領域になっております)が原因でサスペンドや、サスペンドに追い込むAmazon内のシステム変更(A-Zが上げやすくなった等)がなされておりますね。

 

 

追跡無で送っている方は、ご注意をお願いします!

 

 

ちなみに個人的に危惧しているのは、先だし(先に架空の追跡をアップして発送通知を行う)も危険信号になってくると思います。

 

 

ここからは一般的なホリデーシーズンについて書いていきますね。

 

 

 

Amazonからのメール確認

 

まずは、Amazonからホリデーシーズン前に届くメールの確認を行なって行きましょう!

 

 

メールの内容は、ホリデーシーズン参加条件や、『Toys & Games』カテゴリーを販売するために推奨されること、などが記載されています。

 

 

しっかりと日本語訳もついているので、英語が苦手な方でも気軽にご覧になれます!

 

 

【ホリデーシーズン参加条件】〜Amazonからのメール原文翻訳付〜

 

 

 

 

ホリデーシーズン参加権を確実に獲得するために

 

皆さんご存知の通り、ホリデーシーズンには『Toys & Games』カテゴリーの商品が飛ぶように売れます!

 

 

そのため、何としてもホリデーシーズンに参加して、『Toys & Games』カテゴリーの商品を販売したいのがAmazonセラー共通の認識ではないでしょうか?

 

 

そこで、ホリデーシーズン参加条件に関して理解した次にご覧いただきたい記事は、ホリデーシーズン参加条件を確実に獲得するために、Amazonが推奨するアクションに関してです!

 

※以下記事で紹介するAmazon推奨のアクションはあくまで’推奨’であって、これを完璧に遂行しないとホリデーシーズンに参加できないと言うわけではありません。

 

 

【Amazon推奨】収益倍増のホリデーシーズンに参加するための必勝ポイント

 

 

 

ホリデーシーズン 攻略するために抑えておきたい3つのポイント

 

最後は、皆さんが一番知りたいであろう、ホリデーシーズンを攻略するために抑えておくべきポイントではないでしょうか?

 

 

そこで、ホリデーシーズンを攻略するために抑えておきたい3つのポイントに関して以下の記事にまとめておいたので、よろしければご覧ください!

 

 

【Amazon輸出】利益3倍?! ホリデーシーズン抑えるべき3つのポイント

 

 

 

まとめ

 

【2018 最新版】Amazon ホリデーシーズンまとめに関しては以上となります。

 

 

今年初めて参加するという方も、この記事を参考にして今年のホリデーシーズンを最大限に活用して、最高に楽しみましょう!!

 

 

 

無料メルマガ登録はこちら!!

 

無料メルマガ登録

 

 

投稿者プロフィール

山田 貴弘
山田 貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
前職商社でアメリカ駐在をしメーカー商品の北米普及営業に携わる。
越境EC10年以上で現役Amazon、eBay、LAZADA、Alibaba、Cdiscountセラー。
独自開発したShipperMaker(越境EC物流システム)は海外物流システムとしてはアマゾン、アリババ唯一の公式プロバイダー。
オンライン販売だけでなく、オフライン販売や海外展示会出展、現地営業も行う。
現場情報、ノウハウを中心とした輸出セミナー講師として年間10回以上登壇(日本郵便、Fedex、楽天)。

コメントを残す